ブログ

(琉球新報)泡盛マイスター協会がベトナム法人と姉妹協定を協議

カクテルコンテストへの審査員と選手派遣で合意したボウ理事長(右から2人目)と新垣会長(同3人目)

2017年1月25日の琉球新報、経済面に「泡盛マイスター協会がベトナム法人と姉妹協定を協議」に関する記事が掲載されました。

「 泡盛マイスター協会(AMA)の新垣勝信会長らは18日、ベトナムを訪問し、同国のNPO法人サイゴンバーテンダー協会のポウ・タン・シー理事長と姉妹協定の締結に向けて協議を進めることを確認した=写真。
ポウ理事長は会談で「アジアで唯一のお米を使ったスピリッツの泡盛に関心があった。普及に協力したい」と話した。
3月12日に県内で開催予定の総務大臣杯琉球泡盛カクテルチャレンジアジアカップに、ベトナムから参加者と審査員を派遣することを決定した。 」

NPO法人サイゴンバーテンダー協会のポウ・タン・シー理事長(右から二番目)と泡盛マイスター協会会長の新垣勝信(左から二番目)。

NPO法人サイゴンバーテンダー協会のポウ・タン・シー理事長(右から二番目)と泡盛マイスター協会会長の新垣勝信(左から二番目)。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

メディア掲載情報

  1. DSCF2834
    2016年8月4日の沖縄タイムス、経済面に泡盛マイスター協会の海外での活動が掲載されました。
  2. 国際カクテル大会終了に、シンガポール&ソムリエ協会(ABSS)の役員の方々と、泡盛マイスター協会(AMA)の新垣会長ほか。
    2016年8月3日の琉球新報、経済面に泡盛マイスター協会の海外での活動が掲載されました。
ページ上部へ戻る