ブログ

(琉球新報)経済フラッシュ 台東専科学校と覚書調印

泡盛マイスター協会(新垣勝信会長)は29日、台湾の国立台東専科学校と、文化交流と人材育成を目的とした「琉球泡盛学」講座の開講などに関する覚書の調印式を同協会で行った。同協会は「琉球泡盛学」講座開講のほか、受講者を対象とした県内でのインターンシップ、台東の名産品を活用した泡盛カクテルの開発などを台東専科学校と共同で取り組む。

31日、新垣会長と台東専科学校のゾウ・フェイ・フェン学務主任らが調印のあいさつで琉球新報社を訪れた。ゾウ学務主任は「泡盛を学ぶことで沖縄についても学ぶことができる。台東の観光や飲食業界の発展につなげたい」と話した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

メディア掲載情報

  1. DSCF2834
    2016年8月4日の沖縄タイムス、経済面に泡盛マイスター協会の海外での活動が掲載されました。
  2. 国際カクテル大会終了に、シンガポール&ソムリエ協会(ABSS)の役員の方々と、泡盛マイスター協会(AMA)の新垣会長ほか。
    2016年8月3日の琉球新報、経済面に泡盛マイスター協会の海外での活動が掲載されました。
ページ上部へ戻る