ブログ

(沖縄タイムス)世界遺産へシンポ開催

泡盛黒麹菌 推進委が活動確認

琉球泡盛の醸造で使う黒麹菌と、関連する食文化のユネスコ世界無形文化遺産登録を目指す「世界遺産登録推進委員会」の第1回会合が18日、那覇市の泡盛マイスター協会であった。定期的なシンポジウム開催や署名活動、世界遺産推進大使任命などの取り組みを実施していくことを確認。遺産登録に向け、県内の機運を盛り上げ、幅広い県民運動への展開を目指す。

委員会長の安田政昭琉大名誉教授は「登録を目指し、頑張っていきたい」とあいさつ。副委員長の小泉武夫東京農業大名誉教授は「世界遺産の意義を官民に広く知ってもらい、気運の盛り上げにつなげたい」と述べた。

全県的な運動への展開が必要とし、離島も含めた県内各地でシンポジウムやイベントを開催することも決定した。

推進大使は県内外から推薦を呼び掛ける。県や県議会に協力要請をすることも決定した。事務局長には、泡盛マイスター協会の新垣勝信会長が就いた。

推進委員会は1回目のシンポジウムを11月30日午後4時から、那覇市内の県立博物館・美術館で開く。小泉副委員長はが基調講演するほか、沖縄調理師専門学校の安次富順子校長や酒造所組合の玉那覇美佐子会長らが泡盛を中心とした沖縄の食文化を紹介するパネルディスカッションもある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

メディア掲載情報

  1. DSCF2834
    2016年8月4日の沖縄タイムス、経済面に泡盛マイスター協会の海外での活動が掲載されました。
  2. 国際カクテル大会終了に、シンガポール&ソムリエ協会(ABSS)の役員の方々と、泡盛マイスター協会(AMA)の新垣会長ほか。
    2016年8月3日の琉球新報、経済面に泡盛マイスター協会の海外での活動が掲載されました。
ページ上部へ戻る